係長の転機

今日はR-1ぐらんぷりの日。


ということで、やっぱり気になる今大会のダークホース的な存在、芋洗坂係長について。


芋洗坂係長はその昔テンションというコンビを組んでいた芸人さんで、
今は役者をしている田口浩正の元相方、小浦一優であるということは、
さすがネット時代、もう予選のときから少しずつ情報として広まっていた。
昨日の『めざましどようび』でもそんな経歴が紹介されていたりして、
テレビでも少しずつその「正体」が明らかになろうとしている。
個人的には、芋洗坂係長が組んでいたテンションというコンビは、
ネットや雑誌で名前を聞いたことはあるけどリアルタイムでは見たことのない世代違いの芸人さんたち、という、
もうエンタツアチャコと等価になってしまうコンビなのだけれど、
めざましどようび』やR-1の事前番組で、
決勝に出る芸人さんたちや雨上がり決死隊の蛍原が係長に敬意を払いながら「むかし観てました」とか言っている様子は、
やっぱりなんだか感慨深い。


で、ふと思い出して数号前の『クイックジャパン』をめくると、
その昔テンションと同じ事務所(ホリプロ)に所属していたさまぁ〜ずの大竹が、
単独インタビューのなかでテンションについて少し語っていたので、引用。


大竹が三村と組んでバカルディ(当時)としてお笑い芸人になったほんとに最初の頃のお話。
バカルディはデビューしてすぐに頭角をあらわし、
テレビのレギュラー番組も獲得する売れっ子になるのだけれども(でもすぐに低迷するのだけど)、
大竹が語るそんな出世街道の物語のなかに、
同じ事務所(ホリプロ)に所属していたコンビ、テンションは登場する。

そっからはもう2人でネタをやるようになるんですけど、まぁウケたんですよね、最初っから(笑)。スタートダッシュは最高でした。会社のライブとかでドンドンいい感じになって、すべり知らずですよね。で、俺らいけるんじゃねえかみたいに思ってたら、後から入ってきた「テンション」ってコンビがものすごいスピードで出てきて、会社の一押しになった。今は役者をやってる、田口浩正が組んでたコンビなんですけど。「ラリパップラリパップ」っていう。/じゃあ2組でライブやりましょうってなった時に、人気はどうか知らないけど、笑いでは絶対負けるはずがねぇと。で、その時にはっきり差が出ちゃったんですね(笑)。あれ、なんだバカルディすごいじゃんって、テンションと比べられることで、評価が上がって。そこで田口はお笑いやめて、役者になるんですけど。俺らにとっても最初のターニングポイントはたぶん、ここですね。


今では役者として活躍している田口浩正がお笑い芸人の道を退くことになったターニングポイント、
そして、大竹・三村の2人が芸人として出世街道に乗るきっかけとなったターニングポイントがその「ライブ」だった。
当時を振り返って大竹はそう語る。
だけれども、この大竹の物語のなかでまったく触れられない登場人物、
芋洗坂係長こと小浦一優にとっても、それは大きなターニングポイントだったはずだ。


さて、今日のR-1決勝戦は、芋洗坂係長にとって再度のターニングポイントとなるのだろうか。



クイック・ジャパン74 (Vol.74)

クイック・ジャパン74 (Vol.74)