まだ全部終わってないけど今クール連ドラの総括

ぼくが今クールの連ドラで継続的に観てたのは、
薔薇のない花屋』と『未来講師めぐる』と『鹿男あをによし』なのだけれども、
その数少ない3本の中から、ぼくは『鹿男あをによし』を今クールドラマの傑作に挙げることにする。


よかった。


何がよかったって、綾瀬はるかがよかった。特に最終回の綾瀬はるかはすごくよかった。
のだけれども、でも、ドラマそれ自体もよかった。


ドラマの最終回のお約束「第1話からの走馬灯」がクドくなくて、間延びしない。
すべての場面がエンディングに向けてカチカチカチっと収束していく。
そういうアハ体験あふれる楽しいドラマでした*1

*1:あと、キャストもよかった。特に、堀田イトを演じた多部未華子。あの目つき。卑弥呼役の大塚寧々にはズコー、でしたが