『ザ・イロモネア』雑感

今春よりレギュラー放送の『ザ・イロモネア』。今日はスペシャル。つらつら雑感。

次長課長。井上を観てると「いいのかな」といつも思う。誰か「よくないよ」と言ってくれたらいいのに。
大西ライオンダンボール製のライオンの頭よりも先に修理すべきものがあるはず。
藤崎マーケットを観ていて最近気になるのは年上の方の人(左)の年下の方の人(右)への気づかい。
柳原可奈子は前回もやったピンクの電話清水よし子のモノマネ押しで、1回目敗退。前回のネタを観客と視聴者が観てることを前提としたようなネタ。自分のことをみんながいつも見てくれてるわけではない、という教訓。
■イロモネアで毎回あせる友近。でも、ピン芸人にはつらいんだろうな、このシステム。逆にコンビ芸人はときどきズルい。ツッコミの方が。
■ザ・タッチ。おもしろかった。「単純」な笑いを「単純」にやるというひとつの勝利法。間違ってもそれは双子の特権でもキャラの問題でもないはず。
■ぼくの中ではイロモネアのアベレージヒッター、おぎやはぎ。今回は1回戦敗退だったけど、数回前のドカベン・里中のモノマネ最高。タッチとは逆の方向に突っ切ったときのおぎやはぎはすごい。
ハリセンボン。モノマネで時東あみのマネをする春菜にはるかが「シュレックですか?」ってツッコミ。これがなー。コンビ芸人はここでこれしちゃいけない気がするんだけど。でも、おもしろかった。
品川庄司はわかりにくいなぁ。漫才もそうだけど、何か方法論優先、っていう印象がする。そんな型優先の笑いを突っ切った庄司のエリマキトカゲ、最高。でも、そのひっぱり方は、ちょっと。
■いつもながら次課長・河本の笑い声が響く。気持ち悪いとは言わないけど、気持ち良くはない。声質も、その意図も、あの声で笑うときと笑わないときの差も。今回は、品庄のときだけやたら響いたあの笑い。
エド・はるみ。他の芸人の挑戦中、FUJIWARA・藤本のような「賑やかし」ではなく、母のように「見守る」という新しいスタイルを実践中。
麒麟。思うところが何もない。
たむらけんじ。ミスターどっちらけ。