お年賀

古畑任三郎』をみた。古畑が冒頭で「あけましておめでとうございます」
これまでの人生で最も遅い新年の挨拶。今年もよろしくお願いします。