読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先週みたテレビ(10月14〜20日)

  • 『いいとも』(10月14日)


客席に座る子どもたちに「SMAPになる方法」をレクチャーした際の香取慎吾の一連のことば。


子どもたちの後ろに座っていた大勢の親御さんは,さて,何を思うのか。

  • 『ホリデーインタビュー』(10月14日)
  • 『ボクらの時代』(10月20日)


インタビューに答える是枝裕和のことばと,
香取慎吾阪本順治との対談での佐藤浩市のことば。


客を早々に「お客さま」に仕立てあげる「お・も・て・な・し」な社会で,
客を簡単に「お客さま」にしようとはしない人たち。

  • 『5時に夢中』(10月15日)


もし自分が矢口真里ならどう対応していた?と聞かれた際の岡本夏生のひと言。


何も足さない。何も引かない。(©サントリー

  • 『リーガルハイ』(10月16日)


羽生に共同弁護をもちかけられた古美門のセリフ。


フィクションを共有する人たちだけに通じる共同性からの離別宣言。


有吉がレギュラー出演している番組に言及しながら発された,マツコ・デラックスのひと言。


マツコはテレビの少し外側から,有吉は少し内側から,
テレビの輪郭をなでまわしている。


ゲストに八木亜希子を迎えた回での黒柳徹子の一連の言葉。


ゲストの八木が司会術について黒柳に質問をする,というパターンがみられたこの回。
そんな回での,黒柳のナチュラルな自負と失礼。


NHKのインタビューに応じた嵐・松本潤のことば。


「飛び方」を忘れないように,なんて現世では許された者しか言えない。