読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先週みたテレビ(12月1日~7日)

先週みたテレビ

『どぅんつくぱ』(12月5日)

 

 子どもの問いは素朴だ。そのぶん、答えることが難しい。

 答えようとすると、深みにはまって自分でもよくわからない回答を導き出してしまう。

 だけれど、

 音楽の妖精が住むミュージックフェアリーランドの王子様・ココロくんが、

 ある日突然ぼくたちに投げかけた問い、

 「八代亜紀さんって、なんですか?」

 この問いはなお一層、回答が困難だ。

 なぜなら、「八代亜紀以上に八代亜紀*1という概念がすでにあり、

 その概念を体現する存在がいるから。

 

 f:id:onodan:20141211235625j:plain*2

 

 あるいは、先週の『アウト×デラックス』では次のようなやりとりもあった。

 

テロップ「秋本さんにとって、目撃情報とは?」

秋本さん「情報とは、うん、正直、うん、恋人がくれたラブレターよりも、大切な、うん、存在の、うん、物質ですね、うん」*3

 

 目撃情報を頼りに有名人を追っかけ、2ショット写真を撮り続ける秋本さん。

 そんな秋本さんにとって、情報とはラブレターよりも大切な存在の物質である。

 要約すれば、情報とは物質である。

 

 なるほど、素朴な問いになんとか答えようとすると、こういうことになってしまう。

 

『バイキング』(12月1日)

 

 情報といえば、

 地引き網が終わり*4、豚汁も終わり*5

 先週から新たに始まった月曜『バイキング』のサンドウィッチマンの中継は、

 「女性に優しいお台場生PR」と題した美容の情報のコーナー。

 タイトルや冒頭のコーナー説明からは、

 役に立つ情報をお送りする番組のパロディのような雰囲気を感じたのだけれど、

 IKKOが結構な時間をとってガッツリと美容の相談にのるので、

 実際の内容は別にパロディじゃない。

 

 地引き網の中継が、料理の「情報」をアリバイに「おもしろい」をお送りしていたとすると、

 新しい中継は、「おもしろい」をアリバイに美容の「情報」をお送りしているような。

 

 f:id:onodan:20141208014348j:plain*6

 

 雪がとけて川になって海に流れこむころには、地引き網はまた始まるのだろうか。

 

めちゃ×2イケてるッ!』(12月6日)

 

 地引き網と言えば、

 月曜『バイキング』で天候が悪くて地引き網ができなかったときに、

 「やらせをやります!」*7と宣言して、

 事前にとれた魚を漁師のみなさんが網のなかに放り込んだことがあるのだけれど、

 そのときにサンドウィッチマン・富澤が言い放った、

 「スタジオのみなさんも、テレビをみているみなさんも、共犯者です!」*8は、

 2014年のテレビで個人的に印象に残っている言葉のひとつだ。

 

 なるほど、

 テレビの「向こう側」と「こちら側」に共犯関係が築けたときの「やらせ」はおもしろい*9

 でも、「向こう」と「こちら」のそんな共犯関係は、

 テレビの「あちら側」に位置どるネット的な視点から揶揄され崩されることも少なくない。

 先週7日の『ごめんね青春!』第9話で錦戸亮演じる原平助も言っていた。

 「寒いって笑ってる連中は、所詮は外側にいるから」*10

 

 だけど、NHKの「マジメ」なスタンスを「おもしろい」に変換する観方と同じように*11

 見慣れたものを少しズラして崩すのはおもしろいし、

 崩す人たち同士のコミュニケーションの成立は、そこに独自のおもしろさを生む。

 つまり、「やらせ」の共犯関係に入るのもおもしろいけれど、

 その外側で「やらせ」批判を繰り広げることもまたおもしろいのだと思う。

 

 で、先週の『めちゃイケ』は、

 高橋みなみ岡村隆史との熱愛写真を撮られて卒業、

 それを受けて他のAKBメンバーはどんな反応を、

 というドッキリ企画だったのだけれど、

 このときもやっぱり、ネット上には「やらせ」批判みたいなのがこんもりと。

 

 それこそ川栄李奈が言っていたように、「生きたいように生きた方がいい」のだから、

 どこで何をおもしろいと思おうと、それはもう好みの問題かもしれない。

 「やらせ」批判に対する批判も、

 「あちら側」のおもしろいに対する外側からの揶揄なのかもしれない。

 

 だから、「あちら側」で楽しむことを否定する気にはならないし、

 「こちら側」に座ることのススメを強く語る気にもそんなにならないのだけれど、

 でも、「あちら側」に位置どりつつ「やらせ」の共犯関係に加わることも、

 できたりするんじゃないだろうか、とは思う。

 

 改めて、『ごめんね青春!』の平ちゃん先生は言っていた。

 「参加しても寒い。参加しないヤツはもっと寒い。だったら参加したほうがいいでしょう」*12