読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先週みたテレビ(12月8日~14日)

『バイキング』(12月8日)

 

 元ゴーストライター*1の新垣さん。

 バラエティ番組では熱湯風呂までOK、と。

 

 でも、もしかすると、年末年始に放送される特番の収録で、

 すでに熱湯風呂どころか他にもいろいろやってるのかもしれない。

 『芸能人格付けチェック』の予選会の芸人のなかに、

 新垣さんが混じっていたりするのかもしれないし、

 『笑ってはいけない』恒例の上島 VS 出川のなかに、

 新垣さんが混じっていたりするのかもしれない。

 

 年末年始の特番はバラエティ番組のひとつの区切り。

 そこを境に「去年までの人気者」と「今年からの人気者」が仕分けされる。

 新垣さんは年末年始のテレビをどう過ごすのだろう。

 

『どぅんつくぱ』(12月12日)

 

 新垣さんと言えば、『どぅんつくぱ』が突然の終了宣言。

 正確には、1月からリニューアルとの発表。

 

 リニューアルされる番組がどんなものなのか、まだよくわからない。

 もしかすると、来年にはもっとどうかしてる番組になってるのかもしれない。

 でも、ココロくんが「大人の事情だから、しょうがないね」と言っていたように*2

 視聴率の関係とかでの「大人の事情」による打ち切り感はぬぐえない。

 

 というような感じもするのだけれど、

 本当のところぼくがそれ以上にぬぐえないのは、

 「大人の事情により1クールのみで打ち切られた」という文脈をつくった上で、

 番組を「伝説」に昇華させようとする「大人の事情」がうかがわれる感。

 

 年末年始を挟んで更にマッドになって帰ってきたとき、

 『どぅんつくぱ』はいよいよ「伝説」のルートに乗る。

 

『めちゃ×2ユルんでるッ!』(12月10日)

 

 大人の事情と言えば、

 相手方との大人同士の事情でいろいろと言えないことがあるらしい矢口真里が、

 ネット配信の番組『めちゃユル』に出演していた。

 「心のクローゼットを開けて…」とか、

 矢口の持ちギャグができたりしてた。

 

 下の画像は「隠れていたクローゼットのなかから見てる矢口」をジェスチャーする矢口の図*3

 

 f:id:onodan:20141220030947j:plain

 

 年末年始が近づいてきて、今年を振り返る機会も増えている。

 そんなわけで、矢口もクローゼットの隙間から見てたことだし、

 今年テレビでみた「見てる」をいくつかまとめてみようと思う。

 

 まず、『バイキング』(12月1日)より、サンドウィッチマン・富澤がカーテンの隙間から見てる*4

 

 埋め込み画像への固定リンク

 

 『LIFE!』(7月4日)より、壁の陰から麺紀行中の西田尚美がそば打ち職人を見てる*5

 

 埋め込み画像への固定リンク

 

 『水曜日のダウンタウン』(8月6日)より、

 獣神サンダー・ライガーがロメロ・スペシャルをかけようと見てる*6

 

 埋め込み画像への固定リンク

 

 『ごめんね青春!』第2話(10月19日)より、

 えなりかずき(が演じる原一平)が嫁と入浴中の弟を憤怒の形相で見てる*7

 

 埋め込み画像への固定リンク

 

 以上です。